マインドガードDXとパキシルを比較!

マインドガードDXとパキシルを比較!

マインドガードdxは、不眠の元となるセロトニン不足を解消して休息の質を高めるドリンクです。セロトニン不足を解消するものというと、薬ではパキシルが有名です。パキシルは抗うつ薬の一種SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)で、脳内の神経伝達物質セロトニンがセロトニントランスポーターに再取り込みされるのを防ぐことでセロトニンを増やし、その結果として神経の伝達が良くなりうつ病の治療に効果を発揮します。セロトニンは眠りのサイクルにも影響し、不足すると寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまうといった不眠症の症状が出るため、セロトニンを増やすパキシルはいわば副作用として不眠にも効果をあらわすことがあります。
ただしパキシルは口の渇きや便秘、ふらつき、めまい、性機能障害などの副作用が出たり、飲み忘れると禁断症状が出ることもあり、不眠症の解消目的での使用はおすすめできません。うつによる不眠の場合は処方されることもありますが、純粋に不眠症の治療のために使用するものではないのです。
その点マインドガードdxは、あくまでセロトニンの材料となる栄養素を摂ることでセロトニンを増やし、なおかつストレスや不安に対する心のサポートもすることで不眠を解消しようというものなのでとても安全です。原料として使用されているのはすべて天然由来の成分で、副作用や禁断症状などの心配は一切ありません。マインドガードdxにはアミノ酸やビタミン・ミネラルなど体に良い成分もたくさん含まれているので、眠りをサポートすると同時に体調も整えることができるのです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加