マインドガードDXとうつ(鬱)の関係について調べてみた

現代病とも呼ばれるうつ(鬱)は、人によって症状も様々です。
不安感が取れない、外出できない、とにかくしんどい、眠れない、寝ても直ぐに目が覚めてしまうなど色々あります。
鬱の辛さは、他の人にはあまり理解してもらえない所です。
周りから見れば、ただだらけている様にも映るのです。
この辛さを克服する為に、精神科などで薬を処方してもらう方が多いのですが、副作用に悩んでいたり、慣れてしまう怖さから飲めないという人もいます。
そこで食品であるマインドガードDXが注目されているのです。
鬱や睡眠障害の原因として、セロトニン不足が考えられます。
それならば、セロトニンを補えば良いだけと思いますが、セロトニンは乱れた食生活や不規則な生活習慣、過度のストレスなどで、どんどん減少してしまうのです。
セロトニンは、トリプトファンから生成されるので、トリプトファンを含む食品を毎日食べなければいけないのです。
牛乳や大豆などに含まれていますが、食生活が偏った状態ではなかなか摂取できないのが現状です。
マインドガードDXには、天然ノニのパワーがたっぷり含まれており、簡単にセロトニンを補給する事ができます。
セロトニンを生成するトリプトファンがギッシリ配合されていますので、不足している方にはオススメなのです。
薬とは違い、食品なので安心して飲む事ができます。
辛い苦しみから解放される為の心のケアとして、マインドガードDXを飲んでみるのも良いのです。

 

アンケート「なかなか寝付けない時はどう対処してる?」の回答

 

眠れない時にはどうすればいいのか・・・。

 

それは人によって違いますよね。人それぞれに、自分に適した対処法がきっとあるはずですが、ここでは私の対処法を紹介しますね。

 

私の場合、眠れない時にはとにかく【空想の世界】に突入します。はい、楽しいことをいっぱい考えるのです。私の場合よく考えるのは【もしも私が超能力者だったら】っていう事ですね。
【もしも他人の心の中が読めたら】【もしも他人の未来がのぞけたら】【自動的に毎日50万円のお金がが財布に入ってきたら】

 

そんなことをにやにやしながら考えていると、すぐに眠りに落ちていきます。以前は睡眠導入剤に頼っていましたが、今ではこの方法でぐっすり眠れます。

 

よろしければお試しくださいね。

  このエントリーをはてなブックマークに追加